和歌山の注文住宅・モデルハウスはユニテクノス建築設計事務所

構造・工法

ユニテクノス建築設計事務所

このページのコンテンツには、Adobe Flash Player の最新バージョンが必要です。

Adobe Flash Player を取得

TOPに戻る>>
 
ユニテクノスについて
■コンセプト
■家づくりの特徴
 アート×デザイン
 オーガニック×デザイン
 パッシブ×デザイン
■構造・工法
■よくあるご質問
■スタッフ紹介
■会社概要





 1.地盤調査・基礎工事

○ 全棟地盤調査
地盤と基礎は文字通り家を建てる場合の基本になる部分です。
どんなに家の構造が頑強でも、地盤が軟弱な場合や基礎の施工が不適切であれば、耐震性や耐久性は発揮されなくなってしまいます。
新しく購入した土地に建築する場合はもちろん、建て替えの場合でも地盤調査は必要です。特に古い建物の場合は調査せずに建築されていることが多く、軟弱な地盤に気づいていないことがよくあります。
いつまでも安全に生活するためにも、まず土地を見極めることが大切です。

○ 耐震金物
ホールダウン金物を使用し、通し柱と土台をしっかり固定して強度を高めています。
羽子板ボルトや筋交いプレートを使用し、おおきな地震に耐えうる構造を
実現しました。

○ 基礎パッキン
基礎と土台の間に基礎パッキンを入れることで基礎と土台の間に隙間を設けます。
そのことで、床下全体の換気ができ、通気性能が良くなり湿気がこもりにくくなります。良好な床下環境は断熱材の性能を維持し、土台の腐食防止にもなり住まいの耐久性が保たれやすくなります。

○ ベタ基礎
ベタ基礎とは、建物の床面全体に鉄筋コンクリートを敷き詰めた基礎のこと。
面全体で建物を支えるので、地盤の荷重負担が減るとともに基礎全体の剛性も高まり、地震や台風などの衝撃を効果的に地面に逃がすことができます。


 2.耐震

○ 耐力施工法

○ 剛床工法
当社では地震や台風などの災害に強い「剛床工法」で、皆さまの暮らしを お守りします。剛床工法とは、根太を設けず床下地合板の厚みを増して 直接梁材に留め付ける床組みで、根太工法に比べ地震や台風時に発生 する水平力に対して強く、別名、根太レス工法とも言います。
当社では、2階床梁に28ミリの厚さの合板をグリッド状に構成し、28ミリ 床下地+無垢材15ミリを使用した根太レス工法の剛床構造です。


NEXT  よくあるご質問   >>

 
  ■ ユニテクノスについて 構造・工法 ■ 施工事例 ■ モデルハウス
ユニテクノス建築設計事務所
有限会社アート工房 匠人


和歌山市匠町11-3 STEPビル2F
TEL:073-427-2047 FAX:073-427-3303
コンセプト よくあるご質問 お客様の声 平尾の家 木庵
家づくりの特徴 スタッフ紹介 お客様の声 海南の家
アート×デザイン 会社概要 施工事例一覧 ■ プライバシーポリシー
オーガニック×デザイン ■ 完成見学会 ■ 家造りの流れ  
パッシブ×デザイン ■ 採用情報 ■ 資料請求・お問合せ ■ トップページ